日本縦断 Day168 北海道(電車旅)

果てある旅を 果てしなく

日本縦断 Day168 北海道(電車旅)

北海道 網走監獄

日本縦断
2019.9.24(火) DAY 168-28(通算-北海道)

曇晴→晴 9℃~24℃

起床 / 朝食
4:50 / 5:10 野菜・豆腐コンソメパスタスープ,プロテイン

行動概要
北海道・遠軽町 7:32 → 札弦町 20:04

寄り道スポット
遠軽駅, 北見駅, 網走駅, 網走監獄

宿泊地 / 風呂
札弦(さっつる)駅 / なし

夕食
21:00 野菜・豆腐コンソメパスタスープ,プロテイン

行動時間:12時間32分
歩行距離:約2km+178km(電車) 累計:約2,616km
歩  数:約8,203歩 累計:約3,979,563歩

出  費:¥2,811(食費,土産,入館)
費用合計:¥561,048

朝から良く晴れていた
瀬戸瀬駅7:33発の始発に乗り、北見駅まで向かう

朝は二度寝してしまい、起きたのは発車10分前!大急ぎで支度した
乗り遅れたら次は12時過ぎだったので超セーフ(苦笑)

終点の遠軽で網走行に乗り換える
次第に山となり、速度を落としながら峠の常紋トンネルを越える

このトンネルは北海道開拓時、多大な犠牲を払って開通したのである
全国の出稼ぎ労働者達をタコ部屋に押し込め、極寒のなか作業させた
栄養失調(脚気)や疾病、体罰で犠牲者が続出し、その亡骸は山中や線路下、
トンネルの壁に無残にも捨てられた

そのため、近年の発掘調査で数百体もの人骨が山中から発見された
付近一帯は地元の人でも寄り付かないそう
彼らの筆舌に尽くしがたい無念を宥めるため、近くに慰霊碑が建てられていた
トンネル内では黙祷し、彼らの境遇を想う

今は北海道最大の心霊スポットとなっており、ネット上に多くの情報が流れている
遊び半分で彼らの尊厳を踏みにじるような行為は絶対にしてはならないと思う
自分が作業員だったら絶対に成仏しないし、そういう輩には憑りついてやるだろう

電車は北見駅へ.乗り換えに時間があったので、駅の外に出てぶらぶらしていた
そこから特急で網走へ

自転車で来た時と変わらない風景が懐かしい
一度は行ってみたいと思っていた「網走監獄」へ
日本一有名な刑務所であると言っても過言ではなく、最果て極寒の地にある
その旧木造刑務所を見学できる

敷地内は広く、多くの建物がある
どれもじっくり見るとなると3時間は余裕でかかる
時間はあるので十二分に見学出来た

なかでも放射状の監獄、北海道開拓の歴史館は圧巻である
小さな漁村だった網走に刑務所ができた経緯、北海道開拓への膨大な囚人が登用、
極寒の刑務所生活等々、詳らかな説明がされており、非常に勉強になった

北海道に限らず、日本の礎を築いた戦争、特攻で散っていた若者、
産業の発展を支えた鉱山や炭鉱、黒部ダム・・

そこには多大な尊い犠牲があったことを忘れてはならない
彼ら無くして今の日本はないのである
その無念を我々現代人は背負って生きるべきだと思う

網走駅へ戻り、鈍行で札弦駅へ
ここでステーションビバークとした

Tags: , , , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。