日本縦断 Day97 北アルプス縦走(中部)

果てある旅を 果てしなく

日本縦断 Day97 北アルプス縦走(中部)

北アルプス 野口五郎岳

日本縦断
2018.8.27(月) DAY 97-8(通算-北ア)

ガス→晴風→晴 11.0℃〜22.9℃

起床 / 朝食
3:50 / 4:15 野菜・豆腐・茸・わかめコンソメパスタスープ

登山行程
三俣小屋 5:55 →鷲羽岳→ワリモ岳→野口五郎岳→三ッ岳西峰→
烏帽子小屋 16:40

夕食 / 就寝
18:25 野菜・豆腐・茸・わかめコンソメパスタスープ / 20:20

行動時間:10時間45分
歩行距離:約14km 累計:約1,467km
歩  数:約28,393歩 累計:約2,193,890歩

出費:¥800(テント泊) 費用合計:¥272,469

明け方からどんよりとした濃霧の立ち込める天気だった
小屋の天気案内板では12時頃から雨の予報
幸先の悪い重苦しい雰囲気のなか一歩を踏み出す

しばらくしてライチョウのお出迎え
天気の悪い日に出てくるそうだが、その通りだった

そうこうしているうちに鷲羽岳の頂上へ
時たまガスが晴れることがあり、ブロッケン現象が見られた
何人かの登山者と話してから頂上を後にする

ワリモ岳を過ぎたあたりから天候が回復し、晴れ渡る
ワリモの分岐からは水晶岳の黒々とした頂上がよく見えた
水晶小屋には大学山岳部が来ていた.小休憩してから野口五郎岳へ

所々、白い花崗岩の巨岩がゴロゴロした箇所があり、地学の観察には最適(笑)
また、南アルプスの赤石岳で会ったおじさんと再会したので、しばらく話した
こういう偶然ってあるんだな~と感心した

真砂分岐を越え、なだらかな坂を登れば野口五郎岳
頂上には誰もおらず、静かな時間が流れていた…

頂上直下の野口五郎小屋は不気味なほど静まり返っており、人の気配はなかった
午後から雨の予報はどこ吹く風、時間は十分あったので、烏帽子小屋まで行く

途中に稜線とお花畑の分岐があったが、迷わず稜線コースへ
三ッ岳西峰の頂上を踏んでから烏帽子方面へ

この辺りの砂礫地にはコマクサの群落があり、可憐な花を咲かせていた
コマクサは砂礫の大小に敏感なようで、大きな礫のある地帯では見られなかった

長大な砂礫地を抜ければ烏帽子小屋のテン場が見えた
風化して面白い形をした花崗岩もあり、見る者を楽しませる
小屋はこじんまりとしていたが、それがどこか山小屋らしい雰囲気を醸し出す

受付を済ませてからテントを張る
ここも人が少なく、快適に過ごすことができた

だがしかし、この日を境に雨とのなが~い闘いが始まるのであった…

Tags: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。