日本縦断 Day93 北アルプス縦走(穂高連峰)

果てある旅を 果てしなく

日本縦断 Day93 北アルプス縦走(穂高連峰)

北アルプス 涸沢

日本縦断
2018.8.23(木) DAY 93-4(通算-北ア)

晴風ッッ→晴→雨 17.0℃〜19.0℃

テント点検 / 起床 / 朝食
2:00 / 7:20 / 7:40 野菜・豆腐・茸・わかめコンソメパスタスープ

登山行程
穂高岳山荘 9:05 →ザイテングラード→涸沢小屋 11:15

夕食 / 就寝
17:10 野菜・豆腐・茸・わかめコンソメパスタスープ / 21:00

行動時間:2時間10分
歩行距離:約3km 累計:約1,423km
歩  数:約5,403歩 累計:約2,108,651歩

出費:¥6,500(素泊り) 費用合計:¥257,069

事件は夜中に起きる

凄まじい風がテントを揺さぶる音で飛び起きる!
室内は大混乱、水で戻しておいたパスタがこぼれて水浸しになる

時たま強烈な突風が吹くとテントが90°に折り曲がり超絶焦る
ペグが抜けてる!?全身から冷や汗が出た.風速20m/sはあっただろう

このままではテントが吹き飛ばされてしまう!
何とかペグを刺し直さなくては!

幸い、突風が吹いたあとの数十秒は若干弱まるので、急いでペグを打ち直す
さらに岩でガッチリと固定し、ようやく安堵のため息が出る…

起床したのは7時過ぎ、相変わらず強風が吹き荒れていた
稜線はこれ以上の凄まじい風が吹いているはずで、容易に飛ばされてしまう状況

更に、涸沢岳より先は北ア屈指の難所である大キレットが待ち構える
ここは無風快晴で行っても難しく、高度な登攀技術を要求されるルート
現段階で通過するには自殺行為である

この先台風の影響で天気も崩れるため、涸沢を下りることにした

いきなり計画変更だが、命あっての物種というもの
旅の続きは遥か彼方、まだ道程の半分しか来ていないのである
残念ではあるが、ここは撤退すべきと判断した

強風の中テントを撤収するのは至難の業で、山小屋の倉庫を貸していただいた
早急にパッキングを済ませてから出発する
下山といっても油断はできず、涸沢へ下りるザイテングラードは落石の巣窟である

冬にここを下山中、友人の隣を1m程の岩が音もなく落ちてきたのを覚えている
当たれば即死だっただろう夏山では落石の音が聞こえるのが幸いである

今回も4~5回大きな落石があり、轟音と弾丸が岩に当たるようなキーンとした
音がカールにこだましていた.いつ聴いても恐ろしい

高度が下がると風は弱まり、稜線とはまるで別世界だった
今夜から台風で雨風共に強まるということなので、涸沢小屋へ宿泊した

そして予報通り、夜からバケツをひっくり返したような雨となる

Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。