日本縦断 Day92 北アルプス縦走(穂高連峰)

果てある旅を 果てしなく

日本縦断 Day92 北アルプス縦走(穂高連峰)

北アルプス ジャンダルム

日本縦断
2018.8.22(水) DAY 92-3(通算-北ア)

晴→ガス→晴 12.1℃〜23.8℃

起床 / 朝食
4:25 / 4:40 野菜・豆腐・茸・わかめコンソメパスタスープ

登山行程
岳沢小屋 5:35 →紀美子平→前穂高岳(ピストン)→奥穂高岳→
穂高岳山荘 15:15

夕食 / 就寝
17:40 野菜・豆腐・茸・わかめコンソメパスタスープ / 21:00

行動時間:9時間40分
歩行距離:約6km 累計:約1,420km
歩  数:約11,606歩 累計:約2,103,248歩

出費:¥1,000(テント泊) 費用合計:¥250,569

雲海蒼天のもと、岳沢小屋を出発する
樹林帯なのにも関わらず初っ端から鎖,ハシゴの連続なのでヘルメットを装着

毎年このルートでは滑落事故が絶えず死亡者も出ているので気を引き締める
しっかし襷掛けしたカメラがプラプラ動いて嫌な感じ

森林限界を超え、北アルプス屈指の難易度を誇る(というか日本全国の登山道の中で
最も危険で、毎年死者が続出している)ジャンダルムの穂先が見え始めた

朝日で輝く稜線と、まだ暗い影を落とす谷間が、ナイフリッジをより際立たせる

当初ジャンダルムを縦走する予定だった
しかし、30㎏を超える荷物で通過するには自殺行為なので断念せざる得なかった
しかし登山者冥利に尽きるジャンダルム、いつか入念な装備のもと行ってみたい

大地と風雨が織りなすジャンダルム
ここを目指すものは自然の驚異に魅入られてしまったのだろう…

そうこうしているうちに紀美子平へ到着.大勢の登山者で賑わっていた
普通は荷物を置いて前穂高岳へ行くが、プラカードを置いていく訳にはいかない!

十二分に注意しながら頂上を目指す
ここからは岩場の連続なので、邪魔になるストックだけ置いて行った

前穂高岳.初めて登頂したが、そこからの景色は別格であった
360°最高のパノラマは見るものを圧倒する
奥穂高岳、槍ヶ岳、横尾、上高地…そのすべてが見渡せた!

広々とした頂上でしばらく休みながら何枚も写真を撮っていた
目指す槍ヶ岳はまだ遠くにあり、この縦走がまだ始まったばかりなのだと感じた

前穂高岳を後にし、吊尾根を渡って奥穂高岳へ

一番気を付けるべきは落石である
今にも落ちてきそうな危うい岩が無数にあり、そういう箇所は早急に通過する
最低コルを越えれば奥穂の頂上が見えてくる
焼岳の頂上を望遠で見てみると噴煙が上がっていた

狭い頂上は大勢の人で賑わっていた
西穂高岳へ続くジャンダルムはガスに覆われ、ただならぬ威圧感を出していた
そんな畏怖すら感じる場所から、何人かの登山者が霧の中から現れた

頂上でしばらくしてから穂高岳山荘へ下りる
最後の最後まで鎖と垂直なハシゴが続くので気は抜けない
到着後は少しでも風を防げそうな場所にテントを張った

夕焼けに染まる涸沢岳のアーベントロートを眺めながら、夜の帳が幕を開ける
とても恍惚とした時間が過ぎてゆく

下界では遥かに及ばない満天の星空が、頑張った自分へ自然がくれたご褒美だった

だがしかし、深夜になってから自然の猛威が牙を剥き始める…

Tags: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。