日本縦断 Day123 新潟

果てある旅を 果てしなく

日本縦断 Day123 新潟

新潟県 村上市

日本縦断
2018.10.7(日) DAY 123

風ッッ→小雨弱→曇風ッ→曇 22.0℃〜27.2℃

起床 / 朝食
5:45 / 7:15 野菜・豆腐・茸コンソメパスタスープ,納豆,ところ天

行動概要
新潟県・村上市 9:15 → 同県・村上市 17:50

寄り道スポット
村上駅, 岩ケ崎, 越後早川駅, 桑川駅, 笹川流れ

宿泊地 / 風呂
道の駅 笹川流れ / なし

夕食 / 就寝
19:30 野菜・豆腐・茸コンソメパスタスープ,納豆 / 20:30

行動時間:7時間35分
歩行距離:約27km 累計:約1,784km
歩  数:約37,767歩 累計:約2,745,305歩

出費:¥216(食品) 費用合計:¥378,307

最近身体がだるく、寝起きは全てが億劫な気分になる
写真の編集と投稿の手間を考えると、2日ほど時間を止めたい気分

昨日も疲れ果て、あっという間に朝が来て、投稿作業してこの時間
とんでもない倦怠感と嫌悪感に苛まれる

それでも進まなくては…

深夜2時を過ぎる頃、猛烈な風がテントを揺らす
思わず飛び起き、奥穂稜線での記憶が脳裏をよぎる
「このままではテントが飛ばされる!」
ペグは打てないため、強風の中テントを撤収する

その後、軒下のベンチに銀マットと寝袋を広げ、安眠とは程遠い夜を過ごす

明け方には風も弱まってきたが、空は不穏な厚い雲に覆われ、小雨が混じる
テントが無いのでおちおち投稿もできず、道の駅の開店まで辛抱強く待つ

売店をぶらぶらしてから投稿を終え、雨風共に微弱になってから出発する

まず初めに、昨日の運賃を払うべく、村上駅へ

みどりの窓口で事のいきさつを説明し、ICカードから料金を引いてもらう
おろし損ねた荷をやっとのことで解決し、安堵のため息
駅のベンチで一息ついてから再出発!

今までは内陸部の国道345号を来たが、村上から日本海沿岸へと出る
「特別名勝・笹川流れ」の看板を過ぎてしばらくすると、久し振りの日本海

鈍色の海面、暗い雲に覆われた空、国道を覆う強風に煽られた波飛沫…
最果てとも思える荒涼とした光景が果てしなく続く

そこを颯爽と走り抜けるのが羽越(うえつ)線
2両編成の風情ある列車がこの光景と調和する
たまに通過する特急列車や貨物列車もいいだろう

左手に日本海、右手には木造の苫屋…
数キロ先まで見渡せる物寂しい沿岸をひたすら歩く
だが何故だろう?私には日本海側の方が太平洋側よりも風情を感じるのは…

国道沿いは波しぶきで塩まみれになってしまうので、たまに県道も歩いたりした
無人駅にも寄りながらゆっくり行く

地平線の彼方に沈みゆく夕日を眺める
道の駅まで約4km、小走りで向かい、到着した頃は完全な暗闇だった

Tags: , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。