東海自然歩道 Day3 神奈川・山梨

果てある旅を 果てしなく

東海自然歩道 Day3 神奈川・山梨

山梨県 道志村

東海自然歩道
2020.8.12(水) DAY 3

起床 / 朝食
5:00 / 5:30 野菜・わかめコンソメパスタスープ

行動概要
神之川キャンプ場
快晴 28.0℃ 973hPa 7:00

全面通行止
快晴 24.0℃ 969hPa 7:35~7:55

音久和自治会館·安産神社
晴 34.0℃ 970hPa 8:50~9:00

道志村
晴 35.5℃ 976hPa 9:15

月夜野公衆トイレ
晴 35.5℃ 976hPa 9:20~10:05

久保吊橋·大室山登山口
天気雨弱弱 30.0℃ 962hPa 11:55~12:15

二里塚ポケットパーク
天気雨ッ~晴 34.0℃ 954hPa 13:30~14:35

道志の湯
雷雨~晴 25.5℃ 943hPa 16:05~19:05

室久保農村公園
晴 25.5℃ 943hPa 19:10

行動時間
12:10

夕食 / 就寝
20:10 プロテイン / 20:30

歩行距離 / 累計
約20km / 約58km

歩数 / 累計
約29,000歩 / 約79,500歩

出費 / 累計
¥860 食費,入浴 / ¥7,207

川で洗濯をして写真を撮ってから出発

林道を登り、大室山登山口へ
うらたんざわ渓流釣場手前の小瀬戸トンネルを抜けると、
全面通行止の看板が立ちはだかる

・・・?・・・!?・・・!?!?

しばらく茫然と立ち尽くす
「山腹崩壊の危険あり、歩行者も含め全面通行止」

なるほどね〜、
そんな情報書いてませんでしたよ神奈川の山岳HPさんよ〜

とは言え、世間はコロナで自粛ムード
強行突破して万が一があった際はヤバイので、泣く泣く引き返す・・・

世の趨勢的に、この旅には万が一があってはならないのである!

仕方ないので林道を国道まで引き返す
出鼻を挫かれてモチベーションだだ下がり

縦走路にある他の山の登山口へ向かう
目指すは加入道山登山口!

音久和自治会館·安産神社まで出る
神社の軒下で小休憩する.それにしても暑過ぎる…

両国橋を渡り、山梨県へ突入!
道志川はキャンプ場になっており、とても賑わっていた

橋を渡ってすぐの月夜野公衆トイレで休憩する
腕も足も真っ赤.水道で上着を洗う

月夜野から富士急バスだが、お盆期間で運休だった
激暑でカーブの多い山道を12kmも歩くとなると、本当に幻滅した…
コーラ飲んでから出発

途中、何度も休憩する
暑さで意識が朦朧とする.本当にぶっ倒れそうだった

大室山登山口と公衆トイレがあった
上着を洗っていると雨がポツポツ降ってきた
目的地まで約7.5km.本当に嫌になる…

そのうち雷雨になり、木の下へ逃げ込む
小降りになったと思いきや、横なぶりの雨となる
ザックカバーを着ける.しばらく止まなかった

1時間ほどで小降りになったので出発

そのうち天気雨となり、また降ってきた

二里塚ポケットパークには綺麗な東屋があった
雨宿りに来た神奈川出身のバイカーである大塚さんと話す

昔はオーストラリアやサイパンでダイビングしていたようだ
父の形見だという古いクッカーでうどんを作っていた

雨が止んだら途端に蒸し暑くなる
最後に名刺を渡し、お互いの無事を祈ってお別れした

国道から林道へ入り、道志の湯へ
最初は隣の公園にある川でいいやと思い、水風呂に浸かる
そのうち雷雨となり、東屋へ雨が吹き込むので温泉へ

閉館ギリギリまで写真の整理と編集をしていた
真っ暗闇の中、再び隣の公園へ

雷雨で東屋の床はびしょ濡れなので、一畳程の大きさの机にテントを張る
初の高床式テントだった(笑)

トイレの水は飲料不適だったが、構わず飲んだ
川沿いで雨も降ったので肌寒く、寝袋を出した

Tags: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。