モンブラン Day16 登頂日

果てある旅を 果てしなく

モンブラン Day16 登頂日

フランス モンブラン 頂上

モンブラン
2019.8.14(水) DAY 16

起床 / 朝食
4:20 / 4:50 ウイダーゼリー,バナナ

登山行程
Refuge du Goûter(グーテ小屋)
3,863m 晴 −6.0℃ 681hPa 5:40

1P
3,955m 晴 −6.5℃ 670hPa 6:20~6:35

2P
4,254m 晴 −8.8℃ 646hPa 7:35~7:45

Refuge Vallot(バロ小屋)
4,362m 晴 −9.0℃ 640hPa 9:10~9:50

モンブラン頂上
4,810m 晴 −2.3℃ 608hPa 12:45~13:15

Refuge Vallot
晴 3.8℃ 642hPa 14:37~14:55

Refuge du Goûter
晴 5.5℃ 683hPa 16:20

行動時間
10:40

昼食
ウイダーゼリー,アミノ酸ゼリー,行動食

夕食 / 就寝
19:00 タイ米·野菜·茸·豆腐·ワカメ·コンソメパスタスープ,サラミ / 21:00

水分摂取量(行動中)
 0.5L

出費
¥5,158(宿泊)

微風・晴
最高の登山日和

玄関は登山者で混み合う
下山後は部屋が変わるので、全装備を玄関の下駄箱に入れた
ビーコン,ゾンデ,スコップは置いて行く

まだ日が昇りきらない内に出発
最初はアンザイレンせず.オーダーはマサンジャ,高浜,豊福,自分

グーテ小屋の少し上の雪原でビバークしている人がいた

ハイドレーションのチューブが凍って水が飲めない非常事態
チューブが裸で当然のことだったが、気付かなかった
仕方なく直接飲む

インナー無しのオーバー手袋のみだったので、指先が寒かった

少し平らな雪原で小休憩する.全員体調に異常なし
多少風があったので、止まっているとかなり寒かった

途中、豊福が斜面でピッケルを落とすが奇跡的に引っ掛かり、回収に向かう
アイスバーンだったので非常に怖かった

斜面を直登した岩場にあるバロ小屋(避難小屋)へ
入口は狭い&梯子&グレーチングの不親切設計(笑)
アイゼンが引っ掛かり、入るのにも一苦労

狭い室内は大勢の登山者で溢れる
ゴミ箱が有ったが、とても散らかっていた
トイレは離れにあるが、大変汚く、とても座れる状態ではなかった
本当に最悪な状態

小屋で装備を整えてから最出発!

稜線は白銀のナイフリッジが頂上まで続く
とても果てしなく感じる…

頂上は広いが、特に標識は無い
ほぼ無風、最高の展望だった

皆で歓喜するが、なんか物足りない感じもした
なにはともあれ、日本国旗を持って記念撮影する
自分以外ゴーグルを外さなかったので表情が分からなかった(笑)

しばらく余韻に浸ってから頂上を後にする
稜線のナイフリッジは下山の方がスリルがあった

バロ小屋でゆっくりしてから出発

無事にグーテ小屋へ下山する
明日から天気が崩れる予報で、本当に奇跡的だった
部屋が変わるので、もう一度チェックインし直す

全員水分不足気味で、一晩中頭痛に苛まれる…

Tags: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。