ツール・ド・モンブラン Day2 スイス〜フランス

果てある旅を 果てしなく

ツール・ド・モンブラン Day2 スイス〜フランス

フランス ツール・ド・モンブラン シャモニー

ツール・ド・モンブラン
2019.7.31(水) DAY 2

起床 / 朝食
3:45 / 8:10 フランスパン,サラミパン

行動概要
スイス・ジュネーヴ空港
晴 971hPa 6:30

登山行程
Chamonix(シャモニー)
1,035m 晴 16.0℃ 904hPa 7:40~7:45

Office de Tourisme(観光案内所)
1,036m 晴 16.0℃ 904hPa 8:05~9:10

Sherpa Super(スーパー),Snell Sports(登山用品店)
10:00~11:15

Les Houches(レ・ズッシュ)
1,008m 晴 23.0℃ 907hPa 14:05~14:30

Bellevarde(街)
1,200m 晴 22.0℃ 886hPa 15:05~15:15

Les Grand Bois(分岐)
1,418m 晴 22.0℃ 864hPa 15:50~16:10

La Chalette(分岐)
1,785m 晴 18.0℃ 827hPa 17:10~17:25

Bellevue(登山鉄道駅)
1,770m 晴 20.0℃ 829hPa 17:30~17:35

L’Are(分岐)
1,760m 晴 23.0℃ 830hPa 18:05~18:15

Plat de l’Are(分岐)
1,775m 晴 23.0℃ 828hPa 18:21~18:23

PT2,000m(Camp Site)
晴 17.0℃ 822hPa 19:15

行動時間
11:30

昼食
フルグラ,フランスパン

夕食 / 就寝
20:15 野菜·茸·豆腐·ワカメ·サラミコンソメパスタスープ / 21:00

出費
¥6,635 食費,装備,預け荷物

空港の照明点灯と同時に起きる
夜は閑散としていたが、すぐに賑やかになった

パッキングの再確認後、予約しておいた格安バスへ
乗客は自分達だけだった

スイス・フランスの国境はただ通過するだけ

終点のシャモニーで降車する
観光案内所を運転手に聞くも、やっぱりよく分からなかった(笑)
地図を見ながら右往左往して、何とか現状打破する

漂ってくる匂いを頼りにパン屋を探す.店の前はとてもいい香りだった
自動精算機に硬貨を何度入れても戻ってきてしまい、
よく見ると中東のお金だった(笑)

観光案内所は9時からだったので、それまで建物前の広場でパンを貪っていた
開店と同時に突入し、荷物の預け場所を聞く.Wi-Fi有り
日本語対応があったが、16時からだった

案内所でもらった地図を頼りに、街外れの荷物預け場所へ
年期の入った小さなログハウスだった
一週間分の料金を払い、食堂に荷物を置かせてもらった

一段落してからスーパーへ食料の買い出しに行く
それから観光案内所に戻り、色々と調べごとをする

その後、大きな登山用品店へ
赤いガス缶買う.けっこう高かった

全ての準備が整ってから、いよいよ出発!

街を歩いてしばらく、大きな岩場があった
老若男女、多くのクライマーが張り付いていた.手前には湖とモンブランが聳え立つ

シャモニーの隣町、Les Houchesへ
登山鉄道駅(Gare SNCF des Houches)がある
駅前は大きな調節ダムがあった.分岐で小休憩し、地図を確認してから出発

観光案内所から急登となり、林道から樹林帯の登山道となる
しばらくすると樹林帯が開け、草原になる
ロープウェイの支柱と小さな小屋があった

お花畑を登りきり、ここから稜線沿いとなる
ここには登山列車の駅がある.一瞬だけモンブランの山頂部が見えた

完全に登山等となり、吊橋が現れる
下は氷河の雪解け水の激流.南アルプスの畑薙大橋より粗末な造りで、かなりスリリング!
写真を撮って騒ぎながら通過(笑)

キャンプしたのは水場から結構登った草原で、登山道のすぐ脇
モンブランを眺められる最高の展望.落石の音が良く聞こえた

夜の天の川はこの世ならざる絶景だった

Tags: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。