日本縦断 Day157 北海道(道央)

果てある旅を 果てしなく

日本縦断 Day157 北海道(道央)

北海道 神居古潭 石狩川

日本縦断
2019.9.13(金) DAY 157-17(通算-北海道)

快晴 12~25℃

起床 / 朝食
5:00 / 5:35 野菜・茸・豆腐コンソメパスタスープ

行動概要
北海道・深川市 8:05 → 旭川市 20:10

寄り道スポット
神居古潭(カムイコタン)

宿泊地 / 風呂
快活CLUB 旭川永山店 / 大黒湯

夕食
21:15 平麺パスタ,惣菜,パン,酒,プロテイン

行動時間:12時間10分
歩行距離:約31km 累計:約2,402km
歩  数:約41,000歩 累計:約3,681,346歩

出費:¥7,862(食品,他) 費用合計:¥512,382

多くの出会い、そして人の温かさを感じた一日だった

13日の金曜日.嫌な日だぁ~なんて思いながら出発する
少しすると柴犬の散歩をしていたおじさんに話し掛けられ、1kmほど一緒に歩く

これから寒くなるから十分気を付けるように、と何度も念を押される
犬はこんな自分に吠えることなく、興味深そうにぐるぐると回っていた

それから7km程行き、トンネル脇の側道を通れば神居古潭に到着
ここは昭和44年頃に廃駅となり、当時の駅舎が残っている
鉄道マニアでは有名なスポット

石狩川の白い吊橋を渡り、階段を昇ると3台のSLと駅舎がお出迎え
足元近くにマムシが出てきて驚く
日本全国、SLの保存展示はあったが、3台連続は初

鉄道好きな自分には最高だった!
人も少なく静かな時を過ごす.十二分に見学出来てとても良かった

神居古潭が凄いのはSLだけではなく、石狩川両岸の地形にもある
ここは「変成岩」と呼ばれる、元の岩石が熱や圧力で変性した岩石が出ているのだ
それも非常に変性度が高い「結晶片岩」の露頭が続いている
本州で言えば埼玉県秩父市の長瀞が同じような例に挙げられる

意外なところにジオスポット(地質学的スポット)があり、地質学好き冥利に尽きる
ここがどれほど素晴らしいか説明してくれと言われれば、半日は居られます(笑)

神居古潭を後にし、歩行者は側道へ
ここは旧国道のようで、センターラインが薄っすらと見えていた

しかし、ほとんど自然に飲み込まれ、今にも熊が出てきそうで緊張度MAX
五感を研ぎ澄ませながら歩く.ここを10km歩ききった時は疲れ果てた

そんな時、自転車乗りのおじさんと会った.68歳になるが、とても見えなかった
やっぱり健康であることが最大の幸せであると思った

ついに旭川市街に出る

今度は食品会社の女性の方に呼び止められ、多大なる差し入れをいただいた
トレランを初めて登山もするようになり、モンブランのUTMBにも参加したいそう
別に参加しなくても歩くだけでも最高です!と教えてあげた
また、自転車もやるようで、それならぜひ道東を走るべき!と念押しする(笑)
名刺を交換してから出発

札幌から風呂に入っていなかったので、銭湯へ行く
人も少なくゆっくりできて、番台のおじさんも優しくて最高だった

そこから買い出しを済ませ、快活クラブへ
公園も無人駅も道の駅も無いので仕方ない、、
風呂にも入ったしリセットしようと思った

着く直前、今度は親子に呼び止められる
世界中を飛び回っている造園師お父さんの話がとても面白くて、ついつい長話
植物や石、登山家のこと、この先のオススメスポット等を詳らかに教えていただいた

冒険家を目指す私を応援してくれて、最後に金一封まで賜り、感謝の言葉もなかった
期待に応えられるよう、信念と執念をもってやっていきたいと思う

旅をしていると分かることがある
それは日によって吉凶なんて存在しないということ

仏滅,赤口何であれ、「日々是好日(ひびこれこうじつ)」なのである
思い立ったが吉日なんです!

Tags: , , , , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。