日本縦断 Day112 北アルプス縦走・最終日(後立山連峰)

果てある旅を 果てしなく

日本縦断 Day112 北アルプス縦走・最終日(後立山連峰)

北アルプス 栂海新道 親不知

日本縦断
2018.9.26(水) DAY 112-23(通算-北ア)

曇→晴→雨 8.0℃〜23.0℃

起床 / 朝食
4:50 / 5:00 野菜・豆腐・茸・わかめコンソメパスタスープ

登山行程
白鳥小屋 6:30 →坂田峠→尻高山→入道山→
栂海新道登山口→日本海・親不知 11:40

風呂
親不知観光ホテル 12:40

昼食 / 夕食 / 就寝
15:50 けんぎょ丼,酒,茶 / なし / 21:15

行動時間:7時間28分
歩行距離:約11km 累計:約1,593km
歩  数:約18,000歩 累計:約2,430,713歩

出費:¥2,700(入浴,食費) 費用合計:¥345,943

㊗!北アルプス縦走最終日!㊗

ついにこの日がやって来た…!

太平洋の南アルプスより入山
バリエーションルート&緑の地獄で道に迷い、脱水と空腹に耐えた大無間山
百花繚乱のお花畑が続いた聖岳,赤石岳,荒川岳
果てしない樹林帯の続く三伏峠
超絶長い稜線歩きだった仙丈ケ岳
台風で足止め&下山道も気が抜けなかった甲斐駒ヶ岳

上高地より入山し、自然の驚異を見た前~奥穂高岳
やむなくルート変更した北穂~大キレット
そして自然の脅威に曝された槍ヶ岳
横なぶりの雨と強風に煽られた烏帽子岳
辛酸をなめる気持ちで撤退した鹿島槍ヶ岳

再出発し、大変な思いで登り返した柏原新道
仲間と再会した五竜岳
度重なる台風で停滞した唐松岳
天の微笑みとともに突破した不帰ノ嶮~白馬岳
静寂と紅葉の朝日岳.雨は最後の試練か白鳥山

掉尾を飾るに相応しい晴天、栂海新道を突破し、日本海・親不知へ…

南アルプス17日、北アルプス23日
合計40日間の激闘(登)がついに幕を下ろす

一言で言い表すなら「果てしなかった…」
天に見放されようが辛かろうが抗い続け、決して自分に負けず、乗り越えた
想像を絶する苦難だったが、「冒険家になる」という気持ちが心の支えとなった

最終日、空は晴れ渡る
目指す日本海が眼下に輝いている

お世話になった避難小屋にお礼を言い、一歩を踏み出す
樹林帯の木々は紅葉し、まるで祝福されているような気分だった

北アルプス最北の水場、シキ割で水を補給する
それからしばらくして林道と合流する坂田峠へ出る

ぽつねんと佇むお地蔵さんに手を合わせてから出発する

時折見える日本海に心躍らせる
標高が下がるにつれ、高山植物は広葉樹に変遷する
里山のような雰囲気で心が落ち着く…

緩い下りを歩き、尻高山へ
その後も同じような道が続き、二本松峠を経由し、入道山へ

ホウの木茂る森を抜け、最後の林道と合流すれば登山口までラストスパート!
車の音はもうそこ!国道が見えてきた!

そして辿り着く、栂海新道登山口

自転車で一周していた時「来年はここから下りてくるのか~」と言ってたっけ
それが今日叶ったとなると、感慨も一入だろう…
記念写真を撮ってから海まで下りる

波濤打ち寄せる親不知海岸.標高0m

北アルプスの終焉にして、東北へのスタート地点
荒々しい海を眺めながらいつまでも感傷に浸っていた

その後、登山口にある親不知観光ホテルで風呂に入る
12日ぶりの入浴で超気分爽快!

宿泊予定地の親不知の道の駅まで管理人さんに送迎していただいた
(この装備でトンネル群を歩くのは危険極まりないので)

道の駅で唐松岳から一緒だったお兄さんと握手してお別れした

下山記念ということで久し振りの外食!
名物の「けんぎょ丼」と日本酒でセルフ乾杯した!

Tags: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。