日本縦断 Day85 南アルプス縦走(北部)

果てある旅を 果てしなく

日本縦断 Day85 南アルプス縦走(北部)

南アルプス 富士山

日本縦断
2018.7.30(月) DAY 85-15(通算-南ア)

晴→快晴→ガス 10.5℃〜20.4℃

起床 / 朝食
3:50 / 4:15 コンソメパスタスープ

登山行程
北沢峠こもれび山荘 5:30 →双児山→駒津峰→六方石→
甲斐駒ヶ岳→七丈第一小屋 13:45

夕食 / 就寝
15:10 コンソメパスタスープ,ビール / 21:00

行動時間:8時間15分
歩行距離:約5km 累計:約1,380km
歩  数:約15,174歩 累計:約2,023,479歩

出費:¥6,300(素泊り,食品) 費用合計:¥195,865

嵐も過ぎ去り、空は青く晴れ渡る
南アルプス縦走最後の百名山、甲斐駒ヶ岳へ!

台風の影響で樹林帯は落枝まみれ
自分の腕以上の物もあり、これが直撃したら骨折で済むかどうか…
やはり昨日行かなくて良かったと心底思った

人も少ない静かな樹林帯を抜け、双児山へ
下界の街が近いことが旅の終わりを感じさせる…
一息ついてから出発し、1時間ほどで駒津峰へ
純白に光る甲斐駒が素晴らしい!しばらくするとガスが湧いてきた

超巨大な花崗岩の六方石まで下り、直登ルートへ突入する!
ザックが大きくて苦戦する.高校生の時はひょいひょい行けたのになぁ~

岩稜帯と格闘すること1時間、頂上直下まで出る.摩利支天はガスに覆われる
花崗岩が風化してできた真砂に入っている鉱物を観察しながら進む
石英・長石・黒雲母等の粒がはっきり見えるので面白かった

頂上は多くの登山者で賑わっていた.しかし、ガスで展望はほぼゼロ
最後の山だっただけに少し残念だった…

記念撮影したりコドラート調査をしたりしてのんびり過ごす
たまにガスが晴れて青空が見えたので、夢中で写真を撮っていた
若干肌寒くなってきた頃に出発する

縦走最後に待ち構えるは日本三大急登の一つ、黒戸尾根
鎖と梯子の連続する岩稜帯で、歩くというよりクライミングである

昔の修験者は粗末な装備でほぼ手付かずのこの道を登っていたのかと思うと、
にわかに信じがたいものである(超人すぎるだろ…)

装備が重いので慎重に下り、七丈小屋へ.最終日なので小屋へ泊まることに(夕食付)
一息ついてから他のお客さんと乾杯した!

ここの管理人の登山家の花谷さんという方とお話しするのを楽しみにしていたが、
生憎いらっしゃらなかった….ヒマラヤ未踏峰のお話を聞きたかった…

15日間も風呂に入っていなかったので臭いと言われ(苦笑)、外で洗髪と体を拭く
水が冷たくて苦行だった

それでも若干臭うようで、寝る時は避難小屋の第二小屋へ隔離される(笑)
だがしかし、小屋は貸し切りだったのでとても快適だった!

Tags: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。