日本縦断 Day134 秋田

果てある旅を 果てしなく

日本縦断 Day134 秋田

秋田県 五城目町

日本縦断
2018.10.21(日) DAY 134

快晴→晴 7.9℃〜23.2℃

起床 / 朝食
6:30 / 6:55 野菜・豆腐・茸コンソメパスタスープ

行動概要
秋田県・五城目町 8:50 → 同県・上小阿仁村 16:52

宿泊地 / 風呂
道の駅 かみこあに / なし

夕食 / 就寝
18:50 野菜・豆腐・茸コンソメパスタスープ,きゅうり,食用ほおずき /
24:00

行動時間:8時間02分
歩行距離:約24km 累計:約1,961km
歩  数:約34,168歩 累計:約3,047,069歩

出費:¥1,000(食品,他) 費用合計:¥417,920

日本海を背に、国道285号を大館方面へ
奥深い山越えだが、そこからは別世界となる

兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川
夢は今もめぐりて 忘れがたき故郷

こころざしをはたして いつの日にか帰らん
山はあおき故郷 水は清き故郷

童謡「ふるさと」の情景が続く
里山を揺曳する野焼きの煙、土手の水路がある田んぼ、金色に輝く稲穂、
ハゼ掛けされた稲穂、紅葉する木々、悠然と流れる村時間…

農家だった祖母の家で遊んだ頃の記憶が蘇る…
景色も匂いも音もすべて同じだった
好奇心旺盛なクソガキだった頃と冒険家を目指す今の自分
根底は何も変わっていないではないか…(呆れ)

今はもう遠いあの日、望郷の念に思いを馳せる…
自分が最期を迎えるとしたら、こんな場所がいい…

緩い山道の峠を越え、上小阿仁村へ

鬱蒼とした杉林と落葉広葉樹との混生が美しい
道端によく熟れた山栗が落ちていたので幾つか拾った
販売種とは一回りほど小ぶりだが、きっと美味しいはず!

街へ出る手前で女性の方から話し掛けられ、しばし雑談
きゅうりを2本いただき、最後に記念撮影した!

夕暮れが迫り、寒さも一段と強まる
急ぎ足で道の駅まで向かった

売店に「食用ほおずき」なるものがあり、一段と興味を惹かれたので購入
触感は柔らかくなったミニトマトのよう
リンゴとパインを足したような南国フルーツの味で、甘くて美味しかった

おずきと言えば「お盆」だが、ヨーロッパでは食用として広く知られているそう
こんな食材を今まで知らなかったとは…(灯台下暗し)

道の駅の玄関には上小阿仁村を紹介した漫画があり、小一時間ほど熟読する
季節の行事や村事情が面白く紹介されており、他の駅にはないオリジナル!

また、夜に女性の店員さんが差し入れを下さり、ただただ感謝するばかり

今日は秋田美人さん二人に助けられ、「秋田っていいなぁ」と思うのであった(照)

Tags: , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。