日本縦断 Day48 大阪〜奈良

果てある旅を 果てしなく

日本縦断 Day48 大阪〜奈良

大阪府 暗峠

日本縦断
2018.6.11(月) DAY 48

曇→小雨→小雨弱 20.8℃〜30.0℃

起床 / 朝食
6:45 / 7:00 アイス,ジュース,ココア,味噌汁

行動概要
大阪府・東大阪市 11:15 → 奈良県・奈良市 20:28

寄り道スポット
国道308号, 暗越奈良街道, 暗峠(くらがりとうげ)

宿泊地 / 風呂
柏木公園 / なし

夕食 / 就寝
22:10 野菜・レバーコンソメパスタスープ,豆腐,納豆,チューハイ / 23:00

行動時間:9時間13分
歩行距離:約28km 累計:約979km
歩  数:約38,677歩 累計:約1,308,364歩

出費:¥5,033(宿泊,装備,食品) 費用合計:¥111,377

大阪は、あっという間に始まって、あっという間に終わってしまった♪
次なる旅の舞台は、古の都・奈良.ここまでは良かった…

ここからが問題.今まであらゆる国道を走ってきた
しかし、国道308号は今までの常識をブッ壊すレベル(国道というより酷道)

一日で2つの峠を越えることになる
日本アルプス縦走を除けば、この旅で一番高低差のある日だったと思う

最大の難所は、大阪~奈良を最短距離で結ぶ国道308号の暗峠
生駒山を突っ切る、古来から利用されてきた「暗越奈良街道」を歩く!

平均勾配20%(100m間で20m標高が上がるという意)
最大勾配は実に37%というバケモノ国道

そのうえ路面状態は悪く、圧倒的に狭い(ほとんど一車線)!
対向車が来た時の退避所もほとんどなく、運転には相応のスキルと度胸が必要!
(事故れば国道封鎖になってしまう.また冬の運転は自殺行為)

小型バイクだとオーバーヒートするだろうし、マニュアル車には過酷だろう

峠の県境は石畳になっており、悪路にさらなる拍車をかける
しかし、国道で石畳が敷かれているのは日本で唯一ここだけ!
古来から利用されているだけあって、周辺には歴史的な建造物が多く点在している

峠には数軒の民家があり、とても閑散としていた
しばらく休憩してから出発する

下りも急勾配の連続
市街へ抜けても道は狭いまま

事件は2つ目の峠を越える際に起きる
市街を抜ければまるで登山道仕様なうえに、国道なのに標識が全くなく、
現在地が良く分からないという鬼畜ぶり.坂道でスリップして登れない車がいた

雨の降る中、道に迷いながら何とか奈良市街へ下りることができた…

だがしかし、またもハプニングが起きる
宿泊予定の公園に着いたはいいが、水もトイレもない!
どうにもならないので3km程先にある公園へ行く

しかし、ここにも何もなくて絶望する(内心かなりイライラしていた)
三度目の正直、さらに2km以上離れた公園へ.日はとっくに暮れ、肌寒かった

何とかテントの張れそうな屋根付きスペースを見つけ、
ようやく長い一日を終えることができた

今日も天気は悪いが、東大寺へ行こうと思う
奈良へきたなら(奈良だけに(笑))、ここは外せない!

中学の修学旅行以来だが、まったくもって記憶がない…

三重での待ち合わせは19日なので、観光もしながらゆっくりと進もうと思う

Tags: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。